神田神保町でのレコード収集と感想

LPレコードって重量があります

サイトの記事に保有しているレコードのジャケット写真を再掲載することにして、全部引っ張り出しました。いつもは電子ピアノの下で保管。スピーカーボックスとの間にぎっしりと詰め込んであります。撮影を終えて、乱雑に積み上げた状態。

 

LPレコードジャケット集

 

スポンサーリンク

右側が42組、左側が31組。全部で73組ありました。組というのは2枚組のが含まれているからです。枚数にすれば80枚近くあるかも。
とにかく重いですね。これをまた元の場所に戻すのは一苦労。そして、聴きたい時にその一枚を取り出すのも大変。

 

買ってくるときも1枚だけだとそうでもないけど、3枚とか4枚になると重みを感じます。それが何十枚にもなると相当感じます。試しに体重計に乗せてみたところ全部で25.6kgになりました。とても一度には乗せられません。3回に分けたその集計。
ちなみにキッチンスケールで何枚か測ってみました。追憶が250g。ABBAの2枚組が450gでした。

 

LPレコードには、その重みが再生する音の中に加わっていいる!?(2016.12.25)

 

バーブラ・ストライザンドの追憶のレコードが買えました

 

このサイトの書き直しをしているときに「追憶」が良かったということを思い出してしまいました。当時はカセットテープで聞いていて、今でもテープは残っています。
レコードでも聞いてみたいというひそかな願望。するとなんという偶然か、神田神保町で見つけることができました。

 

2016年の6月、今回神保町のレコード店に中古レコードを探しに行った目的は、ブラームスのl交響曲第4番を買うこと。先日買った何枚かのレコードのうち、この曲だけがはずれでノイズがひどかったので、買いなおしです。

 

いつも行くお店だけではつまらないので、新しい店を開拓。ネットで検索すると何軒か見つかります。ただ、クラシックレコードを扱っているのはごく限られています。新しく見つけたお店は、古書センター9Fの富士レコード社と、この建物のすぐ近くのササキレコード。

 

そしていつもの神保町レコード社、少し離れていますが、この3軒を廻ります。

 

レコード店を周る

富士レコード社古書センター9Fへはエレベーターで上がるんですが、ぐんぐんと下の景色が広がっていきます。楽しい!9Fに上がってエレベータを出ると、すぐお店の中。ちらちらッと見まわしながら店の奥へ。

 

クラシックコーナーのブラームスを一通り見た後、サウンドトラックというタグが目についたので、そこへ近づき、陳列されているレコードをザーッと順番にチェック。なんとそこに「追憶」がありました! なんという偶然でしょう!!

 

その場はいったん切り上げ、ササキレコードへ移動。ブラームス(1階)とサウンドトラック(2階)を見て回りました。サウンドトラックで懐かしいのがありましたが、でも心の中は「追憶」一辺倒。富士レコード本社のクラシックコーナー(3階)、洋画のサウンドトラック(2階)をざっと見ましたが、今回は何も買わずにパス。

 

 

今回は、予算の関係で「追憶」だけを買ってきました。家で聞いてみて、特に大切なところでのノイズはありません。全体でもノイズは気にならない程度。お買い得でした。追憶のテーマは何度聞いてもジンときます。

 

追憶

 

追憶 裏面

 

この次にいつ行けるかは全く未定ですが、3軒もチェックできるというのは、これからのお楽しみが増えました。

ここ3か月ほどでクラシックレコードが7枚増えました

 

2016年5月もそろそろ終わろうとしています。増えたレコードは、ブラームスの交響曲第1番から第4番、チャイコフスキーの交響曲第4番と第5番、そしてサンサーンスの交響曲第3番です。ブラームスはCDでは交響曲全集を持っていましたが、いまさらながらレコードがなかったのが気になりました。チャイコフスキーは6番はやたらと持っているのに、4番と5番のレコードがない。たまにテレビとかで演奏されるのを聞くと、レコードで聞きたくてたまらなくなります。

 

そして、サンサーンスの3番オルガン付き。聞いたことはありましたが、先日、生の演奏を聞いてしびれてしまいました。県立港北高校のブラスバンドの定期演奏会がみなとみらい大ホールで開かれたのを聞きました。

 

なぜこんな広いホールで演奏会を開くのかが腑に落ちませんでしたが、演奏を聞いて納得。すごいオルガンの響きでした。数日も経たずして、レコードショップに買いに行きましたっけ。

 

ブラームスの交響曲第1番 カラヤン指揮 ウィーンフィルハーモニー交響楽団演奏

ブラームス 第一番 カラヤン

 

ブラームスの交響曲第2番と第3番 ベイヌム指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏

ブラームスの交響曲第2番と第3番 ベイヌム

 

ブラームスの交響曲第4番 アルセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団演奏

ブラームス 第4番 アンセルメ

 

チャイコフスキーの交響曲第4番 ベーム指揮 ロンドン交響楽団演奏

チャイコフスキー 第4番 ベーム

 

チャイコフスキーの交響曲第4番 マゼール指揮 スイス・ロマンド管弦楽団演奏

チャイコフスキー 第4番 マゼール

 

チャイコフスキーの交響曲第5番 カラヤン指揮 ベルリンフィルハーモニー交響楽団演奏

チャイコフスキー 第5番 カラヤン

 

サンサーンスの交響曲第3番 バランボイム指揮 シカゴ交響楽団演奏

サン・サーンス 第3番 バランボイム

 

 

レコード品質が”A”表示で、値段とも相談してレコードを選びます。
初めて聞く指揮者もありましたが、どのレコードの品質も良くていい音で聞けました。

 

聞き比べしていつも思いますが、指揮者が違うと演奏が違って聞こえます。ただし、盛り上がるところではみな同じ盛り上がりをしますね^^

 

レコード探しに行きます

御茶ノ水へ

今日は2014年5月4日、日曜日。
ふと思い立って、御茶ノ水にレコード店まで電車でGo!

 

11時開店なのに、1時間早くお茶の水につきました
湯島の聖堂に行き、聖ニコライ堂を写真に収めたり、

 

明治大学の明治大学アカデミーコモン地階にある、阿久悠記念館を訪ねました。
ずいぶん真面目な展示で、無料というのが素敵です。

 

 関心のある方はぜひ訪ねてください。
 -> 阿久悠記念館

 

 

午前11時、最初にオーディオユニオンを覗きます。アクセサリーの階へ。
RCコードで出物があればと思いましたが、お手頃価格のものはありませんでした^^;

 

 

次は、ディスクユニオンのクラシック館

 

 内部がかなり模様替え。 中が見通せません。
 一応ショスタコービッチの交響曲第5番を探しましたが、ありません。

 

 ここはあっさりパス。

 

 

神保町へ

少し歩いて、神保町へ向かいます。目的はレコード社

 

レコード社本店(1階)と3階のクラシックを廻ります。
ゴールデンウィーク中は中古全品2割引き。ラッキー!

 

 ショスタコービッチの交響曲第5番革命、ありました!
 レナード・バーンスタインン指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック

ショスタコーヴィッチ 第5番革命 バーンスタイン

 

 買いました。今聴いてます。スローで重厚な感じです。
 こういうのもいいかな!!

 

 

 赤い鳥のレコードも買いました。

 

 赤い鳥、ゴールドディスク。
 2種類あった内の1点を買いました。 LTP-7729-30という品番です。

 

これから聴いてみます^^

赤い鳥 ゴールドディスク

 

 

 

そのあと、道路を挟んで向かい側のトニイレコードへ。
12時の開店直後から間もない時間でした。

 

300円のレコードから探します。 結局、4枚買いました。

 

チャイコフスキー交響曲第6番
 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮/モスクワ放送交響楽団

チャイコフスキー 第6番 ロジェストビンスキー

 

チャイコフスキー交響曲第6番
 ユージン・オーマンディー指揮/フィラデルフィア管弦楽団

チャイコフスキー 第6番 オーマンディー

 

ベルリオーズ幻想交響曲
 ピエール・ブレーズ指揮/ロンドン交響楽団

ベルリオーズ 幻想交響曲 ブーレーズ

 

そして、

 

デラックスインフォーク&ウェスタンという2枚組LPも購入。

フォーク&ウェスタン

 

 

こんなに買っても、2店で合計4400円!!

 

 

おまけで、ぶらっと寄った神保町の古書店で、
今野敏の文庫本を12冊購入、1200円でした。

 

いやー、有意義な半日を過ごしました^^



スポンサーリンク

ブログパーツUL5

レコードをもっと聴く関連ページ

CD収集
CDつれずれに

トップページ オーディオ環境 もっと聴きたい レコード集 CD集 プロフィール