CDについて、いろいろと

CDの整理をしましあ

ため込んでおくだけだったCDがこの頃復権しつつあります。
作業机のすぐ左脇にCDプレイヤーを置いたのがきっかえ。主な目的は、英語の練習用です。でもプレイヤーのベースをしっかりさせると意外にいい音が聞こえるようになりました。

 

スポンサーリンク

媒体の方は、CDの回転式ラックが2台重ねてCDプレイヤーの脇に置いてあるので、パソコンの作業机から手を伸ばせばCDを取り出したりしまったりができます。このラックは1台がCDを80枚ほど収容できるので、2台で160枚ほどを利用できます。

 

便利な環境が出来てはいるんですが、手持ちのCDから適当に放り込んだだけなので、まったく聞かないCDも多数という状況でした。

 

他の場所にも200枚ぐらい保存してありますが、少し離れていた李、取り出しにくいところにしまってあります。
聞きもしないCDをいつまでも保存しておくだけなのは不経済。

 

半日ほどかかりましたが、もう聞かないだろうというCDを30枚ほど選別できたのと、割と聞くだろうというCDを近くに置く整理ができました。

 

以下、その作業の様子です。

 

まずは、全てのCDを保存容器ごと1か所に集めます。

 

CD勢ぞろい1

 

CD勢ぞろい2

 

保存容器ごとに見ていきます。

 

ミニ戸棚
CD勢ぞろい3

 

回転式CDラック
CD勢ぞろい4

 

こちらも
CD勢ぞろい5

 

よくあるCD/DVD保管箱
CD勢ぞろい6

 

こちらも
CD勢ぞろい7

 

どの保管容器にも、乱雑にCDが並んでます。

 

CDをいったん全部取り出しました。
CD勢ぞろい8

 

途方にくれます。いったいどのように整理していけばいいんだろう?

 

こうしました。ジャンル別に分ける。
クラシックと、ポピュラー、
クラシックは交響曲系と、金管、木管、指揮者など
ポピュラーは男性、女性とか

 

そんな感じで、1個1個順番に、大きなヤマを作っていきます。
途中で、もう聞かないと思ったCDはその山を作ります。

 

やり始めると、意外と作業がはかどりました。
結局以下のような分類で整理がつきました。

 

くrシック系

  • 名曲集 14 (1)
  • いろいろ 17
  • 小澤征爾 14
  • ヨーヨーマ 10 (3)
  • チャイコフスキー 7 (1)
  • オルガン曲 3
  • 弦楽曲 10
  • ベートーベン 3 (2)
  • ショスタコーヴィッチ 5
  • ブルックナー 3
  • ブラームス 3 (1)
  • ピアノ曲 9 (1)
  • バロック 8
  • 金管曲 3

 

ポピュラー系

  • ZARD 12 (5)
  • サラブライトマン 10 (1)
  • ジャズ 4
  • 男性歌手 16 (1)
  • 女性歌手 33 (1)
  • 外国女性歌手 15
  • サウンドトラック 21 (1)
  • イージーリスニング 7
  • 韓流 14 (2)
  • いろいろ 15

 

かっこ内の数字は内数で、2枚組やケースが大きいものです。
CDのケースはいろいろ大きさがまちまちで、回転式ラックに収まらないものがあります。

 

他に、もう聞かないだろうというのが、30枚余りでした。

 

自分がよく聞くだろうという順番に、保管容器に納めていきます。
たとえば小澤征爾は回転式ラックにとか。

 

整理して保管容器に収まった様子です。
CD勢ぞろい9

 

この記事の原稿は、小澤征爾のモーツアルトを聞きながら書いてました。
今ちょうど、演奏が終わったところです。

 

CD勢ぞろい10

 

ちょっぴり快適な気分を味わってます!

 

 

スポンサーリンク

ブログパーツUL5

CDつれずれに関連ページ

レコード収集
CD収集

トップページ オーディオ環境 もっと聴きたい レコード集 CD集 プロフィール