今使っているオーディオ装置を紹介

真空管アンプとFOSTEXスピーカ主体のシステム

これまでずいぶんアンプをとっかえひっかえしてきましたが、今は、トライオード社製の真空管アンプキットTRIODE TRK-3488に落ち着いてます。

 

 

スポンサーリンク

数年前から、音を再生するシステム全般に目が行きだしました。電源ケーブル、スピーカーケーブルなどはメートル当たり何千円もするのを購入して聞き比べ。これはとても効果がありました。電源タップもパーツを買って組み立てて、壁の電源コンセントからアンプまでオールフォステックケーブルです。これだけで10万円近く投資したはず。でも音は深みが出ます。

 

アンプは、トランジスターアンプの音がただやかましいのに辟易としていたので、自然と真空管アンプに目が行ってました。最初は安価な組み立てキットで自作しましたが、満足できません。TRIODEのTRK-3488という組み立て式アンプに巡り合って、途中でパワー管とプリ管を取り換えたり、内部のカップリングコンデンサーをフィルムコンデンサーに取り換えたりはしましたが、いまも使っています。

 

スピーカーシステムはFOSTEXのバックロードタイプで、16cmスピーカーが付けられるBK16を組み立て、スピーカーは一度後継タイプに取り換えて今も使っています。組み立てキットは廃止になり、そのあとしばらくはボックスとして完成品のBK166Enが売られてましたが、今調べると生産中止。値段が1台5万円は高過ぎたかな。いい音を聞けたはずなのに惜しい。

 

TRK-3488アンプ

 

ケーブルやら真空管、コンデンサーなどをグレードアップして、音はどんどん自分好みに仕上がりました。そろそろ寿命を迎えそう?なのが心配です。

 

レコードはもちろんですが、CDも聴きやすくなりました。BGMで流して、手持ちのCDを聴き直しています。



FOSTEX のスピーカーシステム

 

BK16スピーカーボックスに16cmフルレンジスピーカを取り付け。当初はFE166Eスピーカーを取り付けていたが、音がスケスケに抜けてとても不満だった。後継型のFE166Enに取り換えてからは満足してます。

 

こちらは左側のセット。
今使っているオーディオ装置

 

こちらは右側のセット。FT207Dドーム型ツイーターを上のほうにちょんづ消して使ってますけど、高音部がうまく溶け合っていい音をしてます。
今使っているオーディオ装置

スポンサーリンク

ブログパーツUL5


トップページ オーディオ環境 もっと聴きたい レコード集 CD集 プロフィール