オーディオで音の出口として

FOSTEXのスピーカーはいいですね

FOSTEXのBK16バックロード型エンクロージャ(箱)に
FE166Enスピーカーを取り付けて鳴らしてます。

 

BK16右

 

BK16アップ

 

BK16左

 

バックロードとは、スピーカーの裏側の空間を、木の板で仕切り長い通路を作り低音を導いて外部に放出することで低音を補強する方式。クリアな中高音と心地よい低音が得られます。

スポンサーリンク

BK16は、合板の材料をボンドや木ネジを使って組み立てるキットで、 組み立てているという満足考えられました。出来上がるまでがとても楽しかったです。

 

最初に取り付けたスピーカーのFE166Eは音が抜ける感じでちょっと物足りなかったのですが、取り替えたFE166Enにはとても満足しています。

 

真空管アンプとの相性も良く、全体にしっとりと落ち着いた感じです。

 

ツイーターをつけて聴く

BK16+FE116Enの組み合わせは、中低音はすばらしいが、さすがに高音域は少し物足りない。
ツイーターを付けてみます。

 

FOSTEX FT-17Hです。
レベルを上げすぎると音がシャカシャカとしてくるので、レベルを中位で聴くと、全体にまとまりができました。

 

FT18H固定

 

FOSTEXスピーカー全景

ツイータースピーカーにカバーをつけました

スピーカーボックスののせてあるツイータースピーカーとアッテネーターがむき出しなのが気になります。
ツイーターむき出しの状態

 

カバーをかぶせることにしました。

 

材料はプラスチックのダンボール板です。90cmx60cmで厚さが5㎜です。
以前、音響版もどきにしようとして役立たずのまましまい込んでました。

 

片面が白、もう片面が黒色で、黒色の部分を表にして使うとちょうどよいカバーになりそうでした。

 

切れ端の写真です。
プラ段ボール白面

 

プラ段ボール黒面

 

細かい加工ができるかと、強度は大丈夫とか、多少不安がありましたが、失敗したら棄てればいいだけ。

 

自分だけがわかる設計図。スピーカーをカバーする部分と、アッテネーターをカバーする部分を一体で作ります。
展開図を考えるとのパズルのようで、けっこう頭を使います。
設計図

 

切り出しはカッターナイフ。円に切り抜くところも細かく刻めばできました。

 

折り目は定規を当てて段ボールの断面の片側だけに切れ目を入れて、反対側を残すようにします。

 

段ボールの波型のところを切るときは、多少力を入れて、全部切らないように注意します。
段ボールの平行に走っているところは、皮一枚に切れ目を入れる感じです。

 

箱型に組み立てるところは、のりしろを作っておき、プラボトル用の接着剤で張り合わせます。

 

やりながら気づいたが、段ボールの厚み5㎜を考慮しないと、張り合わせも全体の寸法も狂ってきます。
結構まじめに手直しをしました。

 

 

作業行程の途中を省略して出来上がった写真です。
カバー出来あがり

 

カバー出来あがり裏から

 

アッテネーターにかぶせる部分はがらんどうです。1枚で全部をカバーしたかったのですが、無理。

 

アッテネーターの前面版の部分は別の小片を当てることで解決しました。
アッテネータ前面板

 

アッテネータ前面板斜めから

 

カバーをかぶせた写真
カバー取り付け

 

折り目でカッターで切れ目を入れたところは、全部黒のビニールテープで隠しました。
フラッシュをたいたので粗が目立ちますが、実際にはさほどでもありません。自分ながらよくできました。自画自賛!

 

正面から
カバー取り付け正面

 

右側のスピーカー
右側のスピーカー

 

左側のスピーカー
左側のスピーカー

 

スピーカー全体
スピーカー全体

 

全体がようやく落ち着きました。
カバーを付けただけなのに音が良くなった!? まさかね。自己満足の世界に完全に浸ってます。

BK166Enについて聞いてみました

古い話になりますが、第19回真空管オーディオフェア、短時間の滞在で慌ただしかったですが得るものがありました。

 

一番の収穫が、最後に訪れたフォステクスのコーナーです。
10分間余りの時間を質問攻めにしてしまいました。

 

細かなことは忘れてしまいましたが、これ以上忘れないうちに箇条書きに書き留めておきます。

 

 細かい話ですが、特に説明は加えませんので、ごめんなさい。
 表現方法には私なりの解釈を加えています。誤解もあるかもしれません^^;

 

 

Q1.バックロードホーンの開口部が前から後ろに変わったのはなぜか?

 

 → 後ろ向きにすることで、開口部から漏れ出てくる中高音はカットされる。
   低音域は全体に広がるので、後ろ向きでもかまわない。

 

Q2.バックロードホーンは、壁からどれくらい話せばよいか?

 

 → 20センチくらい。壁に正対させないほうがよい。

 

Q3.バックロードホーンの設置方法は?

 

 → コンクリートの板・布・ゴムを敷いて、そのうえで安定させること

 

Q4.バックロード内の吸音材について?

 

 → 吸音材は、内部に定在波を発生させないために使う。
   背面、天板、側面のどちらか一方に貼って、共振させないようにする。

 

Q5.キットはなぜやめたのか?復活の予定はあるか?

 

 → 材料を大量に確保することが困難なため。
   木材は時間がたつと乾燥して反ってくる。
   部品のままで長期間安定している木材の調達は困難。

 

 → 復活の予定はなし

 

 

大体こんな感じだったかな?
もっと聞きたいこともありましたが、本当に知りたかったことは聞き出せました。

 

布を下に敷くというのは、 「本当ですか?」と聞き返してしまいましたが、家に帰ってから、さっそく、ユザワヤの端切れがたまたまあったので、それを使いました。

 

 特にどうってことはありませんが、密着させて安定させる効果はありそうです。

 

 

(追記2016.09.06)
BK166Enも生産終了になってしまってました。FE166Enスピーカーを鳴らせるボックスがなくなって残念。
Fostexはかんすぴとか小型スピーカーとかでいろいろチャレンジしているみたいで、そちらのほうで期待したいと思います。世の中が向かっている方向は省スペースなんでしょうね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ブログパーツUL5


トップページ オーディオ環境 もっと聴きたい レコード集 CD集 プロフィール