BOSEやFostexのスピーカーを聴き比べる

もう使わなくなってしまったアンプやスピーカーをたまには聴いてみよう。

 

”スピーカーを切り替えて音を確かめる”らしきことをやってみました。

 

電気店のオーディオコーナーのスピーカー売り場では、たくさんのスピーカーが並んでいますが、スピーカーを切り替える”セレクタースイッチ”を使って音の違いを聴かせてくれるというサービスがあります。それのまねごとです。

 

”セレクタースイッチ”秋葉原かどこか忘れましたが、本格的なのは数万円するので、ランクを落として^^;数千円で3年前ぐらいに買いました。ところが、そのままお蔵入り。

 

自分で買っておいて、「余計なもの(セレクター)を入れたら音が悪くなって本当の音が聴けないから無駄」
などと理屈をつけて、使わずにしまっておいた記憶があります。

 

で、今回、不用品整理の対象にしたのですが、「1度も使わずに捨てるのはかわいそう」ということで、
スピーカーを切り替えて聴き比べる、その真似事をやっちゃいました!

スポンサーリンク

費用は0円。
スピーカーを設置する場所も最小限にして、あり合わせの線材で間に合わせることにします。

 

使用した主な機材は、
アンプ:TRK3488、BOSEのPLS-1510 DVD Receiver,PLS-1410 CD Receiver
スピーカー:BOSEの120、121、125、FOSTEXのFE103、FE166En

 

スピーカーを左右に置き、その上に積み上げて設置。その間にセレクターを置き、各スピーカーとつなぎます。
スピーカーを積み上げて設置

 

スピーカーは下から
BOSE 121
bose 121 カバー

 

bose 121 なし

 

BOSE 125
bose 125 カバー

 

bose 125 なし

 

FOSTEX FE103(ONKYOのボックスに固定)
fostex FE103 カバーあり

 

fostex fe103 なし

 

そして一番上が、BOSE 120
bose 120 カバーあり

 

bose 120 なし

 

ひとつだけ背の高いのがFOSTEX FE166En(BK16BOX入り)
FE166

 

セレクターです。
セレクター

 

アンプとセレクター、セレクターとスピーカー、それぞれの間を線材で接続します。
配線したあと。
セレクター前面
アンプからのスピーカーケーブルに線材をからげて接続^^;1メートル当たり数千円のZONOTONEのケーブルがたぶん苦笑いしてます。
スピーカー配線

 

 

アンプは、TRK-3488
ソースはさだまさしの「天晴」CDを、ソニーのCDプレイヤー(SCD-SE600)にかけました。

 

アンプは、BOSEのもつないでみました。
PLS-1510 DVD Receiver これは 125スピーカーとセット品。
PLS-1410 CD Receiver これは 121スピーカーとのセット品。
PLS-1410は音がおとなしめ、PLS-1510がメリハリが聴いているという感じです。

 

 

結果は、「こんなにもスピーカーで音が違うのね!」ということを再確認。

 

 BOSE 121 は、音がおとなしめ、まとまっている。

 

 BOSE 125 は、低音が強調気味の元気な音。

 

 FOSTEX FE103 は、きらきらした感じ。

 

 BOSE 120 は、少し元気がないかな。 ボリュームを上げずに聴いているので気の毒かも?

 

 FOSTEX FE166En(BK16)は、音に余裕があって、別格。

 

以上、ごく直感的な感想でした。

 

---
TRK3488を使った聴き比べだけで終了するつもりでしたが、BOSEのアンプも使いました。
最初に書いたように、ほんの真似事でしたが、違いははっきり出るものだと実感しました。

スポンサーリンク

ブログパーツUL5


トップページ オーディオ環境 もっと聴きたい レコード集 CD集 プロフィール