真空管アンプとBOSEのアンプ

オーディオ環境の改善がひとまず終わって、
アンプを使わないで寝かしておくのが惜しくなりました。

 

BOSEのPLS1410とPLS1510。PLS1510を追加したレイアウトです。
ともにCD再生やDVD再生はできなくなっていますが、それ以外の機能、アンプそのものは生きているはず。
その確認の意味も含めて、セッティングしてみました。

 

スポンサーリンク

上がPLS1410で、下がPLS1510。
PLS1410&PLS1510

 

TRK3488はそのまま。
TRK3488

 

レコードプレーヤー、アンプ、CDプレーヤー、
TRK3488,PLS1410&PLS1510

 

そしてFOSTEXのBK16の右サイド。
TRK3488,PLS1410&PLS1510他

 

セッティングしてある場所は、装置の後ろがガラス戸でベランダに出られます。
アンプを変えるには、スピーカーやRCAケーブル類をつなぎ替えなければなりませんが、ベレンだに出てガラス戸を開けての作業になります。

 

いちいち装置を動かす必要が無いので、考えようによっては便利じゃないかな。

 

聴き比べてみる

音源とか音量によって聞こえ方が変わるし、その時の気分でも変わります。

 

音源はレンズリフレッシャーのCDに入っていたBGM風の音楽。
音量は普通にテレビ番組を見るときの程度で、大きくなりすぎないように絞って聴きます。

 

それぞれの音の違いはあります。
真空管アンプとトランジスタアンプの違い。

 

音の明瞭度や滑らかさでは真空管アンプ(TRK3488)

 

音のパワー(全体的な音の厚み)ではトランジスターアンプ(PLS1410,PLS1510)

 

低音の響きは再生周波数帯域が10Hzまで伸びているPLS1510が一番。

 

PLS1410とPLS1510を比べると、全体的な音の明瞭度はPLS1410が高いと感じる。

 

という風に、言葉では表しにくいけれど、違いは確かに感じられます。

スポンサーリンク

ブログパーツUL5


トップページ オーディオ環境 もっと聴きたい レコード集 CD集 プロフィール